1. TOP
  2. 太りづらい体質
  3. 痩せない理由が判明

痩せない理由が判明

太りづらい体質 この記事は約 3 分で読めます。 50 Views

痩せたいと思って色々なことを試しているのに、どうしても痩せない人っていますよね。私もそんな一人でした。

一体、どうしてなんだろうと思い、ときには無理なダイエットをしたりしてました。

ひょっとしたら、自分では気づいてない太る原因というのがあるのかもしれません。

間違った食事制限

ダイエットをしようと、毎食を少量にしているということはないでしょうか。

それはダイエットとしては間違った方法のようです。

いつも少量しか食べないと、いつもお腹がすいている状態になります。そうすると、体は食べ物が入って来ないということに反応して脂肪を蓄えておこうとするんだそうです。

結局、なかなか痩せない体になってしまいます。

少ししか食べてないのになんで痩せないの?と悩み続けてしまう。適量を食べることも大切なんですね。

肉類

ダイエットのために肉類を敬遠していないでしょうか。私はイメージ的に「お肉は美味しいけど太る」と考えていましたが、それも間違いのようです。

ダイエットをしたいならむしろ肉は食べた方がいいというのです。

理由として、肉はたんぱく質が多く含まれていて、そのたんぱく質は内臓や皮膚には不可欠なもの。

そして筋肉を作り出してくれるものでもあるので、肉をあまり食べないと筋肉量が減り、基礎代謝も低くなってしまうそうです。

そのため運動をしても脂肪が燃焼しにくくなり、なかなか痩せない体になってしまうようです。

肉は食べたほうが良いというのは肉好きの私にとって目からウロコの情報でした。

間食

ダイエットしているからといって、間食をやめてはいませんか?

間食の時に、甘いケーキをばくばく食べるということなら、もちろんやめるべきです。
カロリーの高くないものを間食する、それはむしろダイエットにはよい効果があるとのこと。

食事と食事の間にちょっと食べるだけで、空腹感はなくなりますし、食事の時に食べ過ぎないことにも繋がりますね。

カロリー

痩せようと思って、カロリーのないものばかり食べていないでしょうか。

多少味は落ちても低カロリーなものを選んでました。

実はそれもダイエットとしては正しくないというのです。

おやつに食べるなら良いのですが、食事のときにこんにゃくやレタス等、カロリーが少ないものばかり食べていると、基礎代謝が低下してしまうそうです。

そうすると、運動しても脂肪が燃えにくくなる(代謝が低下する)ということになってしまうようです。

油分を全く摂らないというのも同じで、やはり基礎代謝が低下するので脂肪が燃焼しにくくなるんですよ。

人間の体って難しいですね。。。

無酸素運動と有酸素運動

ダイエットをしているときに、痩せようと思って運動を併せてすることがありますよね。

体を動かして汗を掻くことが爽快に感じられたり、そういった「がんばってるという実感」がモチベーションになったりしてました。

でも、外に出て走るのって結構怖いこともしばしば。天気にも左右されますし、寒いと気分も乗りません。

かといって部屋の中で簡単に出来る腕立て伏せや腹筋等の筋トレでは、なかなか体重は減らないんですよね。

そんなときに私が知ったのがヨガ。

これなら私でも無理せずに続けられそうです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

カルドとラバのホットヨガ|どっちがいい?!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カルドとラバのホットヨガ|どっちがいい?!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 痩せない人の共通点

  • 痩せる体質になるためには?